▼ 歯科用CTを活用して(院長のブログ)

CTによる診断

CTは、Computed Tomographyの略で、日本語ではコンピュータ断層撮影と言います。主にX線を利用して身体の断面を撮影しますが、最近の技術でそこから3Dの画像を構成し、患部の状態などをより正確に把握して、適切な治療に繋げることができます。
本院では、Finecubeという最新の機能を備えたシステムを導入し、患者様に、これまで以上に安心で、正しい診断と治療を行うためのツールとして利用させて頂きます。
Finecubeは、「高精細な3D画像」「管球焦点が0.2mmでくっきりした画像」を実現し「高性能のビューワで」で正確な画像診断が可能です。
歯科医師は下のような画像から、症状や歯の状態を正確に見て治療に役立てます。
※画像は©ヨシダ製作所さんのHPよりお借りしています。


CTに関するQ&A

CTに保健は適用できますか
埋伏抜歯の時、その歯の位置の確認のために使用できます。また重度歯周病の診査診断に使用可能です。顎骨内の腫瘍や顎病変上顎洞炎などの診査にも適用可能です。
※インプラントなど自費診療の診査は不可です
CTの被爆について
現在のCTは被爆量が大変小さいので通常のパノラマレントゲンとほぼ変わりません。特に当医院で導入したCTは更なる被爆線量の低いものです
CTを使う使うメリット
今までのレントゲン診査は2次元画像の濃淡で3次元的に判断してましたが、これには診断の限界があります。CTによる診査は3次元画像を可能にするため、縦横のみならず、その奥行きまでを画像表示できますので、患者様の骨や歯を現状のまま立体的に再現できます。これは今までに判断できない詳細な情報を入手することで、より高い診療精度と高い診査が可能となりました。今回導入したCT機器は数ある歯科CTの中でも最高機種ですので、詳細な診査診断が可能となりました